FC2ブログ

「国の借金」③

 では、割と有名なお話ですが銀行の成り立ちをお話します。
聞いたことがない方は周りの人に広めて下さい。


 場所は116世紀後半のイギリスはロンドンと言われています。
当時はまだお金ではなく”金(ゴールド)”で取引していました。
そんな中、金細工職人(ゴールドスミス)は、仕事柄頑丈な金庫を所有していました。
すると、市民が「重くて運びづらい”金”を預かってくれないか」と言うようになりました。


 ゴールドスミスは承諾し、預かった”金”の量を記載した預り証を引き換えに渡していました。
そのうち預けて行く人が増えて来ました。
すると、なんと町では軽くて使いやすいその預り証で売買するようになりました。
スミスは、なんで自分がみんなの”金”を預からなければならないんだ・・・と思うようになりました。



 そこでスミスは「そうだ、預かった”金”を別の人に貸して利子を貰おう。そうすれば商売になる。」
と、それを仕事にするようになりました。
もちろん”金”を持ち帰る人はいません。
すべて預り証での取引です。
結果、ゴールドスミスは、”預り証”をやりくりして利子で生活するようになりました。

これがみなさんの知る”紙幣”であり”銀行”の始まりです。
現在のお札は日銀の”預り証”であってそのものに価値がある訳ではありません。
”金”に当たるのは政府が発行する硬貨です。


 しかし、みなさんの知る”銀行”・・・この先があります。
ここからがほとんど知られていない”銀行”への進化です。


 スミスは思いつきました。
「どうせみんな”金”を引き取りに来ることもない。」
「取りに来たところで全員がすべて取りに来ることはない。」
「だったら、”金”なんかなくても”預り証”を発行して利子を取ってもいいだろ。」
と、存在する”金”以上の”預り証”を発行して利子を取り始めました。

 その後、ゴールドスミスは大金持ちになりました。

これが、まだ知られていない本当の”銀行”です。
なので、変な噂で預金者が群がると銀行は非常に困る訳です。

ちなみに、ここまで来ると分かると思いますが、銀行の資産は?と聞かれると「預金がいくらで・・」とか今までは考えがちですが、あくまでも預金者の預金は銀行にとって”借金”です。
借金を人に貸した利子が儲けになる訳です。
・・・いやいや、それを大義名分に”0から金を生み出す”のです。

”0からお金を生み出す”仕組みはこんな昔からあったのです。
これを「信用創造」と言います。


あ、ただし、”0から金を生み出す”のは違法でも何でもありません。
ルールにのっとって合法で世界の銀行(民間)がやっていることです。
日銀もしかりです。

三橋さんの動画を見るのが一番だと思います。








「国の借金」➁

 前回、日本は自国通貨建てなので破綻しなし国民が返すべき借金などないと言いました。
その根拠は、
➀ 国民のお金が原資ではない
➁ 日銀が0から生み出したお金である

8.jpg

1200px-Bank_of_Japan_headquarters_in_Tokyo,_Japan
(引用:wiki

 そして、それを理解すると分かりますが、当たり前だと思っていたことが実はとんでもない勘違いだと分かります。
発行した国債の分返済するとどうなるでしょうか。
本来、借金を返すのは当然のことですが、この0から生まれた金を返すということは、生まれた国民の家計がその分消えてしまうということです。




 通常の借金はどこからか回ってきた金ですから、返したら返したでそれがまたどこかへ回っていき流通するだけです。
返さなかったら貸方が困ります。
しかし、0から生まれ流通させたお金を返済すると0になるだけです。
消えてしまうということです。



この時勘違いしやすいのは、打ち込んだだけのお金は紙幣でも貨幣でもないただの数字であるということです。
国債の分紙幣を発行したわけではありません。
なので、返したらデータ上消えてしまうだけです。
返した分だけ日本市場からお金が消えてしまうのです。



 1100兆円越えの借金があると騒いでいる中、日本で流通する現金はいくらだと思いますか。
大半であろう紙幣の流通は2019年末で112.7兆円だそうです。
1100兆円越えの借金で騒いでいる中、2019年の一般会計は101兆円、流通しているお札は一般会計とほぼ同額しか存在していないということです。
ということは、あと流通している貨幣を除いた分が数字だけのお金ということです。



 国債を返済するということは、返済した分だけ国民の家計が無くなってしまうということです。
なので、もし完済を目指すなら、返す為に国民は地獄の思いをし、さらに返済の結果、日本の1100兆円が無くなった状態から国の復興をしなくてはならないということです。
国家予算(一般会計)10年分が消えて無くなる訳です。
そんなことをしなくても自国通貨を発行出来る以上、正直気にすることですらないわけです。


 そう考えると、元々赤字国債など発行しなくても普通にお金を発行すれば良かったはず。
なんだったら、今からでも1100兆円を発行して投入すれば済む話(極端な発想だとは思いますがそういうことです。)
なのになぜやらないのか。
政府(財務省)、お抱え有識者が言うのは、簡単にお金を発行したらハイパーインフレになる!だそうです。
いやいや、今まで発行してもインフレ寄りにもならなかったではないですか。


 
 銀行の当座預金が増えたところで国民の間で流通しなければインフレになどなりようがない訳です。
最初に言ったように、この国はお金持ちなんです。
だけど政府のせいでデフレが20年続いているのです。
下の赤いのがマネタリーベース(政府が流通させたお金)。
それに対しての青線がインフレ率。
まったく関係ありません。
デフレ・インフレの制御には全く違う政策が必要です。
o0969060014507301491.jpg
(引用:「三橋貴明ブログ」

 馬鹿げた話ではありませんか?
それでも政府は政府の黒字化を目指そうと言っているのです。
ちなみに、国民と政府は「貸方」と「借方」の関係。
政府が黒字になった分だけ国民は赤字になるのです。
なので、政府は赤字で良いわけです。
それを、政府は「この借金はお前達国民の借金だ」と言っているのです。
1100兆円返さなければならないんだぞ、と。


しかも、110兆円のうち約半分が日銀の保有です。
日銀は株式会社で日本政府の子会社になります。
なので、その半分は法律上でも返済の義務すらありません。
嘘ばかりマスコミや御用学者は垂れ流し洗脳するのです。
8c502_266_4e3b4d279366f7ccd810e1497bb676d9.jpg
(引用:「livedoor NEWS」

では次回③では、おそらく誰もが一番理解できないであろう、”0からお金を生み出す”というにわかには信じられない事実を説明します。私も納得するのに随分と時間が掛かりました。








「国の借金」➀

 堅いタイトルですが、どうもまだ「国民ひとりあたり8百何十万円の借金」を信じている人が大多数のようなので三回に分けて、初心者向けにちょっと触れてみます。
実際、私の周りも口癖のように「困ったもんだね~」「どうなっちゃうんだろうね~」と、この世の終りのような顔をしている人がほとんどです。


 なので、実はこういうことなんだよと自分の知る限りの事を伝える訳です。
でも、みんなしっかりとマスコミに洗脳されてるんですよね。
「へ~、そうなんだね」「とは言え弱ったもんだね~」
・・・まったく理解しない。
持論があるなら分かりますが、反論もないし良くわからないけど、とにかく”弱る”事が日本人は好きなんです。
被害者でいることが好きなんです。
「そんなわけあるかい!」と言いながら、また弱ってるんです。
苦しむことが大人であるという何とも悲劇的な性格になってしまいました。

私のようなことを言う人間は逆に”世の中分かってない”と陰口をたたかれる訳です。
figure_fuhyou_higai_uwasa.png

 で、この国民の借金問題を説明したいのですが、ちょっとした文章で説明しきれるものではないので、もしまだ事実をご存知ない方は是非とも自分で調べて頂きたいと思います。
そして周りに広めて下さい。
国民が知らないから政府も有識者も権力者もマスコミも自由にやる訳です。




 まず、日本が貧乏な国に成り下がっていると思っている人は多いのではないでしょいうか。
ここで言う貧乏・裕福は、国民の平均の裕福度ではありません。
それはまた別のデフレ問題です。
世界基準で言う裕福度というか、資産は国際的なお金の貸し借りの資産がいくらか、です。


 日本も国外に莫大な借金があります。
※ 困って借りたというよりは、関係を保つ為の借金が多いと思いますが。
その代わり、貸しているお金も莫大です。
結果、日本の資産は世界でどの辺に位置するでしょうか。
3284ca1f.jpg
ということで、実は世界一位でした。
大国アメリカはこの状況です。
この図の出どころは財務省です。


 この時点で日本のイメージが変わるのではないでしょうか。
では、なぜ一般国民はこんなに苦しんでいるのでしょうか。
それは国にお金がないからではないことはお分かりだと思います。
単純に一般国民にお金が流れていないだけです。
日本は前代未聞の20年間のデフレ続きです。
世界一の資産を持ちながら20年間のデフレ・・・
どんな国なんでしょうか・・・

 そんな中、政府は毎年当たり前のように国債を発行しています。
一般会計予算の約90兆円のうち、これだけの国債を毎年発行しています。

kokusai01.jpg
(引用:「朝日新聞DIGITAL」

 そしてその昔、1982年には 鈴木善幸首相が「財政非常事態宣言」を出しました。
非常事態からどれだけ増えれば破綻すのでしょうか。

 これは国の借金(国債)とやらの推移のグラフです。
o1126065114373002256.jpg

 オレンジが債務残高です。
私の生まれた1970年あたりから増え始め、現在当時の152倍です。
この頃初めて御法度だった赤字国債を発行し始めました。
「財政非常事態宣言」の1982年から見ると、今がどれだけなのかが分かると思います。
現在、「日本は破綻します」と言ってるでしょうか。
ただただ「ヤバいヤバい」と言ってるだけです。



 ではでは、国民のひとりあたりの8百何十万の借金とはなんでしょうか。
 
・・・そんなものはありませんし、もし仮にそれが借金なんだとすれば立場は逆で、政府が国民に返さなければならないお金です。
「日本の政府なんだから政府が借りたなら国民が背負うしかないんじゃないか」

これが大抵の国民が思っていることではないでしょうか。
これが大間違いです。


 なぜこの間違いが生まれるのか。
分かりやすい質問をします。


〇 その借金とやら、返すとしたら誰に返すのでしょうか?

★ 銀行?

〇 その銀行が貸し出すお金は元々誰のお金?

★ 預金している国民?

〇 違います。貸し出すのは日銀当座預金です。
   日銀当座預金は政府と銀行しか扱えないお金です。

  もっと辿って、市中銀行に預けた国民のお金だとしましょう。
  ・・・だったら、返してもらうべきは国民じゃないですか。

  ただし、莫大な国債発行によるお金ははそんなところから出てません。
  日銀が”無から生み出したお金”です。


★  無から?どういうこと?

〇  文字通り、何もないところに30兆円なら30,000,000,000,000と打ち込むだけです。

★  そんなばかな!

〇  本当です。
   あなたが普通の銀行で借金する時も同じです。
   日本に限らず民間銀行というのはそういうものなんです。
   これをみんな知らないんです。

★ もしそうだとしたら、国債発行するたびに日本のお金が増えるじゃないか。

〇 はい、その通りです。
  そうやって日本のお金は増えてきました。
  日本が自国通貨を使っているから出来ることです。
  ギリシャなどはユーロ加盟国だったので単純に借金に潰されました。
  なので、ギリシャの国債長期金利は40%まで上がったそうです。
  利息が上がるのは信用が無くなるからです。

  上のオレンジの棒グラフを見て下さい。
  発行国債(借金)が増えるたびに信用は失われるはずですが、青の線(長期金利)はもはや0です。
  信用しかないというのが現状です。

  自国通貨の国家が破綻などしない証拠です。


  今のデフレはお金が無いのではなくて動かしてないだけです。


   ➁へ続く





独断と偏見「カッコいいモノ」 ”鳥”

 デザインと言ってはなんですが、神のデザインということで今日は”カッコいい鳥”。
他の動物と比べても鳥というのは凄くカッコいいルックスをしているものが多いです。


 まず、飛ぶわけですからカッコいいパーツの代表「翼」があります。
そして、牙どころか口そのものが牙とも言える嘴(くちばし)を持っており、更に獲物を俊敏にとらえる鋭い目まで持ち合わせています。
また、全身をまとう羽は空気抵抗軽減や消音、威嚇、防水、保温といったあらゆるニーズに応える為、計算し尽くされた武器です。
その鳥類の中でも特にカッコいいものを3ジャンルに分けて挙げてみます。



 ”クール”  「白頭鷲」
screen-0.jpg

screen-7.jpg

screen-6.jpg

(画像引用:「APKPure」


 ”イケメン”  「ヘビクイワシ」
tumblr_nxz0taj0Fu1qfthy3o1_500.jpg
(画像引用:「SAN DIEGO ZOO」

3417tst2gef21.jpg
(画像引用:「reddit」

snakehunting.jpg
(画像引用:「PHYS ORG」

 ”ちょいワル”  「フィリピンワシ」
philippine eagle01

Philippine_eagle-9.jpg

3826912315_08f9849784_b.jpg


(画像引用:「Dino Animals.com」

 意識したわけではないのですが、結果すべて”ワシ”となりました。
とは言え、やはりカッコいいとなれば猛禽類になるのは必然かも知れない。
この鋭い眼光はさすがです。

独断と偏見「カッコいいモノ」 ”自転車”

 自転車に乗らなくなって久しいですが、メカとして凄そうなのが走っていると今でも興味をそそられます。

小学生の頃は今では懐かしいリトラクタブルヘッドライト搭載の自転車がブームだった。
今考えれば何のメリットもなかったのだが、スーパーカーブームのあおりを受けて大ヒットした。
防水対策も大して施されてなかったせいか、片目だけ開けているのを頻繁に見かけてものだ。

4e77e.jpg

20130625fuji.jpg


 中学生の頃はドロップハンドルのスポーツ車が憧れになった。
自転車と言えどもカッコいいのは高級品。なかなか買ってもらえなかった。
当時そこそこ金持ちの息子しか乗っていなくて羨ましかったのが「ロードマン」。

o041803.jpg


 そして時は経ち自転車がどうなったかと、「カッコいい」をいろいろ探したのだが、結局2013年発売の一択となった。
しかも意外なことに中国のメーカーらしい。
なのでスペックがどうなのかは正直分からない。
ただ、かっこいいという意味ではダントツ。これ以上のデザインはそう簡単には出てこない気がする。
ネットの中での情報だとこのデザインは映画「トロン」をパクったものではないかとのこと・・

P-1141.jpg

TRON_wallpaper_bluecycle.jpg
  (画像引用:「PRISMmm」

 ん~・・
イメージは確かに酷似しているが、パクったと責めるほどでもない気がする。
結果、ダントツで「かっこいい」。
ただ、乗り手は選びそうだ・・・
The_Falco_V_Bike_03.jpg
The_Falco_V_Bike_01.jpg
The_Falco_V_Bike_10.jpg
The_Falco_V_Bike_09.jpg

(画像引用:「watchmono」