FC2ブログ

独断と偏見「カッコいいモノ」 ”オーディオ” カセットデッキ編

 もはや過去のものとなってしまったカセットデッキ。
今では音楽といえばMP3みたいになってしまったが、あくまでもMP3はデジタル化され、更に圧縮された音。
その違いが必ずしも聞き取れるかは定かではありませんが、やっぱりアナログ音声の方が生々しい気がします。
数字では現れない何かが違うと思うのですが、その辺は説明のしようがありません。



 ただ、録音の良いレコードを聴くと、さすがにノイズ感は誤魔化しきれないものの、ボーカルなどの生々しさは明らかだと感じます。
それに、録音するメディアもいろいろありましたが、やっぱりカセットは愛着がありました。
MP3だと、お手軽な分、集中して聞かなかったり簡単に削除してしまったり、曲に対する愛着も薄くなってしまった気がします。
まあ、それも時代の流れなんでしょうが・・・


 そこで、今回は”懐かしカッコいい”カセットデッキ・・・と言いましょうか、結果デザインだけでなく名機と言えるモデルを、独断で挙げてみます。

 この頃のオーディオは各社、アンプ・CDプレーヤー・カセットデッキ共に中級機が79800円程度、スピーカーが1本49800円、チューナーが5万円前後だった。
なので今と違いちゃんと音楽を聞こうと思ったら結構な出費だった。
ミニコンポというのも増えてきてはいたが、さすがにレベルが違う。
そんな中、各社はそれらの売れ筋のモデルに技術を結集しつつ、デザインにもこだわりを注いだ。

 この頃の流行りと言うと、基本ブラック、上級機だとサイドウッドが着いたり高級機になるとシャンパンゴールドになったりした。
今はシルバーやシャンパンゴールドがポピュラーになっているようだが、当時は価格帯で差別化されていた。


 ここから独断と偏見の同率2位。
 


「Pioneer CT-A7D」 ¥94,800(1986年頃)
 上級機ならではの厚みのあるボディとRECレベルの大型ボリューム。
ct-a7d.jpg



「VICTOR DD-VR77」 ¥79,800(1985年頃)
 これは友人が持っていたので印象的なモデル。スライドのつまみはちょっといかがなものかと思いつつも、オレンジの太いレベルメーターが単純にカッコいいと思った。
JVC DD-VR77



「SONY TC-K555ESL」 ¥99,800(1990年発売)
 この頃のSONYのデザインは非常に良くなった。。
元々SONYの音質は好みではなかったのだが、80年代中頃からの落ち着きのあるデザインになり、音質も大人っぽくなってきた気がした。アンプはSONYを購入することになった。
tc-k555esl.jpg



「AKAI GX-73」 ¥79,800(1986年発売)
 各下のイメージだ拭えなかったAKAIの出世作ではなかろうか。
傾斜した高級感あるスイッチ類と落ち着きのあるボリューム群。
評判が良かったのと、電動の開閉に惹かれ自分でも購入したモデル。
この価格でドルビーdbxを搭載していた。
実機の方がもう少し高級感があったと思う。
gx-73.jpg
(画像引用:「オーディオの足跡」









 そして、絶対に覆せないこの2機種が同率一位。

「Nakamichi RX-505」¥188,000(1983年)
 もうこれはデザインだけでは語れない知る人ぞ知る名機。
このデッキ、3ヘッドながらオートリバースで、アジマスの狂いを出さない為にカセット自体が回りながら飛び出しクローズする。
なのでクイックリバースという訳にはいかないが、オートリバースのデメリットを根底からくつがえしたこのアイデアはそれだけで一位の称号を与えたい。
そのコンセプトからくる飛び出した出窓と、いかにも機能重視という無骨なデザイン。
単純なレッドのメーターが逆に高級に見えてしまう。
rx-505-h.jpg









「Nakamichi DRAGON」¥260,000(1982年)
 ナカミチのフラッグシップモデル。
凄そうで凄い。高そうで高い。こだわってそうで滅茶苦茶こだわっている。
裏切りのないフラッグシップ。
こんな存在感のあるカセットデッキは後にも先にもDRAGONだけではないだろうか。
こんな高級機なのにオートリバースで、このDRAGONはヘッドのシェル(トラック)を二倍に増やしてズレを瞬時に調整することでアジマスのズレを無くしたという。
デザインのキモはこの傾斜スイッチ群。
見ているだけで刺激的な配置。
私がAKAIのGX-73を買ったのもボタンの傾斜がDRAGONを彷彿させるからかも知れない。
fab41970-img1200x800-1538232280jtcenv8217.jpg

dragon02.jpg
この写真一枚だけでダントツの一位です。
ここだけ見たらカセットデッキだとは思えないでしょう。












コメント

非公開コメント