FC2ブログ

「正しい知識を持つ者⑤」追伸

 「正しい知識を持つ者」シリーズについて追伸・・・

 この世を楽しく生きていく為に、研究者の方々の知識をたくさん頂いて活用しましょうというお話をしました。
大雑把におさらいすると、我々一般人は、人生をかけて見つけ出したあらゆる専門家の知恵・知識をいとも簡単に手にする事ができる時代になったということ。
あとは、無数にある情報の中からいかに自分に必要な、また、正しいものを選び出すかが必要があります。
そこで大きなミスをしない為に、気をつけておかなければならない事があります。
それは、特定の人の考えをまるまる信じないことです。

      magnifier6_girl.png


 よくあることですが、例えば著書をきっかけにある専門家を信頼しファンになったとします。
これが非常に危険なんです。
あくまでも専門家はある特定の事柄に対しての権威な訳で、他のことに関しては我々と何ら変わりないのです。
誤解を恐れずに言うと、むしろ特定の方向に偏った人生を歩く人ほど我々にとっての常識的な事が不得手になったりします。
専門家であろうと、能力のキャパは我々とさほど変わらないはずです。
仮に能力の元々高い人であっても、よく見ていないことは分かりようがありません。

 しかし一度信用しファンになると、「この人の言うことは正しいに決まっている」と無意識に思ってしまいます。
ここは本当に気をつけなければいけません。
私も「この人は凄い。頭がいい。この人の言うことをすべて正しいはず。」と思った事があります。
しかし、色々と知っていく中で分かったのは、「やはり、全て分かっている人なんか一人もいない」ということです。
この人はこの部分は正しい。しかしこの部分はこっちの人の方が正しい。だからこの部分とこの部分を頂けば正しい知識だけが身につく・・・という事になります

 この辺をファンだとかいう気持ちを捨て、冷静にクールに判断することが非常に大切になります。
それらを精査して、正しいものだけを選んでチョイスする”自分こそが一番正しい”と思うくらいで良いと思います。
いつでもどこでもそれを意識して生活したいと感じます。

コメント

非公開コメント